1 自転車は、車道が原則、歩道は例外、歩道と車道の区別があるところでは、車道通行が原則です。
しかし、次の場合は、例外として普通自転車は歩道を通行できます。

○ 道路標識などで認められている場合
○ 運転者が13歳未満の子供や70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合

2 車道は左側を通行

道路の左端に寄って通行しなければなりません。
右側通行は禁止されています。
3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
歩道を通行する場合は、車道寄りをすぐ停止できる速度で徐行し、歩行者の通行を妨げてはいけません。
歩行者の通行を妨げる場合は、一時停止し、自転車から降りて押して歩きましょう。
4 安全ルールを守る
○ 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
○ 夜間はライトを点灯
○ 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

■駐輪の際は、必ず駐輪場を利用し、鍵をかけてください。
放置禁止区域内に自転車を放置した場合は、市の保管場所に移動・保管されます。
駅周辺、民家のそば、利用していない店舗への駐輪は大変迷惑となりますので、お止めください。観光・訪問先にて駐輪場がわからない場合は、現地の係員等に駐輪場所をご確認ください。

万一、自転車が移動、撤去、保管された場合は、周辺の看板や撤去したことを知らせる公示で保管所を確認のうえ、保管所にて返還に必要な諸費用をお客様にてご負担いただき、返還を受けてください。
返還を受けるには、身分証明書・自転車の鍵・撤去保管料が必要になります。(各地域の条例によって異なります)